2017年5月23日火曜日

初夏のお洋服を縫っています



一度凝りだすと止まらないタイプです。

----------------------------------------------

パターンがとても良いと人気の大川友美さん「いつもの服、きれいな服」からAフレアプルオーバーとWフレアドレスを4枚(!!!)縫いました。

写真多いので重かったらごめんなさい!


まずは基本の型紙通りSサイズで一枚。


数年前HARUさんで購入した綿60ローン。リバティのタナローンみたいに透けにくくしわになりづらい素敵な生地でした。


がちゃがちゃの花柄がにぎやか!

1.2mしかなかったのでヨーク分が足りず、中心で剥ぎ合わせました。


2枚めはレース×コットンボイルで切り替えをポイントに☆

1枚目でサイズが大きかったので、中心から1cmずつ計4cm身頃で減らしました。
裾も気持ち短くしたくて、1cmの三つ折りじゃなくて2cmの三つ折りに変更!


予定外だったのが、コットン生地。縫っている時は薄手だと思ってたのに、洗ってみたら結構しっかりごわごわで落ち感がなくなっちゃって…

アイロンかけるとシャキーンとなるのが嫌なので、洗った後生乾きの時に手でくしゃっとにぎってシワを付けて着ることにしました。


着るときに前と後ろを迷うので後ろ側にリネンで目印。


さて、手ならし終了という事でワンピース!
日暮里の安田商店さんのリネンT.B.Oカラー#41。

私がそのまま着るとなんだかマタニティ化してしまうのでサイドに幅広リボンを挟んで、後ろの腰のあたりでくるっと結ぶ仕様に変更!なので写真は後ろ側です。

リボンのパターンはQuoi?Quoi?さんの「ストンとワンピース」から。


カーディガン羽織れないしリネンの重量で腰がちょっと重いけど、見た目とっても可愛いアレンジになりました!裾はデフォルトの着丈からマイナス7cmで膝下丈に。身幅は中心から1cmずつ削ってます。


本命の生地ソレイアード♡♡♡
薄手のローン生地です。ミントグリーン×赤いお花が可愛くてどうしよう。

フィット&フレアが好きなので、身幅は中心から思い切って2.5cmずつ計10cmも削りました。脇下がぴったり合ってちょうど良いです。その代わりネックラインは左右1cm広げてあります。

大きな変更点はネックの見返し!
指定のバイアス処理はネックが立ち上がってしまって気になったので、見返しのパターンだけ作って別布で付けてみました。すごくすっきりしたので今度からこれで。



さらにフィット感を求めてウエストリボン。サイドにベルトループを付けました。

丈は脳みそがショートするほど悩んで、しつこくしつけをかけては鏡見て。デフォルトから-14cm、一番足が太く見えない(と信じてる)ひざ上10cmに落ち着きました。 やっぱり膝丈に戻したい!というケースに備えて裾は切らないで折りあげて手まつり。


文句なしに夏にぴったりのソレイアード。

強い陽射しに似合うシルバー、フィリップオーディベールのブレスレットとラトビアのピアスを合わせてたくさん着ます!!!!靴はバレエシューズ?サンダル?

さー次は何を作ろうかな♡

-----------------------

※私の身長は148cm、XSサイズ(たまにKids)です。


↓ランキング参加中☆1日1ポチお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バルト三国情報へ
にほんブログ村

2017年5月18日木曜日

ラトビア旅行では何語が通じるの?



このブログにはラトビア旅行へ出かけられる方から時折メッセージが来ます。
嬉しいです(^v^)
その中でも質問が多いのが、

「何語が通じる?辞書は必要?」

私はロシア語で日常生活を送っていたので、ロシア語を話す者の視点からお話します。


ラトビアの公用語はラトビア語で、法律により公共の場(看板、メニューなど)の表記はラトビア語を使う事が定められています。しかし首都リガにはロシア系ラトビア人がとても多く、街を歩いていて聴こえるのはロシア語の方が多かったかもしれません。

「ラトビア人はソ連時代のつらい思い出を持っているからロシア語は使いたがらない」と思われているかもしれませんが、案外そんな事はありません。文化や風習、信仰は別として、言語はツールだと割り切って日常生活で必要ならば話す人が多い感じです。

(脱線しますが1995年頃エストニアのタリンに行った時はロシア語を話すと嫌な顔をされたのを子供ながらに感じました。※昨年訪れた際はそのような事はありませんでしたが。また、リトアニアのビリニュスはタリンとリガに比べてロシア語話者がぐっと少ない印象です)


ラトビアでロシア語を明確に拒絶されたのは一度。森の民芸市で賢者風双子のおじいさんに「ノーロシアン!」 と言われ、英語に切り替えたらにこやかに対応してくれました。

そんな事があってからは、どこでもまずラトビア語で挨拶をしてから「ロシア語で話して良いですか?」とひとことお願いする習慣ができました。


ラトビア系ラトビア人の若者はロシア語を話せない人も結構います。
話せないけれど理解はしてくれるので、こちらはロシア語、相手は英語のミックス会話の場合も。

意外な事に(?)旧市街など中心部では日常会話程度の英語が通じることが多いです。特に若者は良い仕事を得るためにも英語は必須なので、バー等で外国人の友人を作って英語のブラッシュアップをしたり。ラトビア語、ロシア語、英語、さらにドイツ語など+α話せる人も珍しくなく、ラトビア人の言語能力には驚かされました。



冒頭に戻りますが、ラトビア旅行をするなら【紙の辞書よりスマホのgoogle翻訳】が便利かもしれません。google翻訳アプリには「オフライン」という機能があり、インターネットがつながっていない状態で辞書が使えます。
「これは何だろ?」と思うラトビア語をカメラ撮影すれば文字を読みとって翻訳してくれる機能も♡オフラインで使うために、事前にwifi環境下で必要言語(日本語、ラトビア語など)をダウンロードしておけばOKです。



辞書は紙!派の方には現地の古本屋さんをオススメします。
いつもある訳じゃないけれど、遭遇率が高いのがソ連時代に出版されていたラトビア語-英語の手のひらサイズの辞書。私の持っているのは1966年発行のものです。見つかればラッキー、と思って探してみて下さい。


旅に出るまえに覚えておいて欲しいラトビア語はふたつ。
こんにちは、と ありがとう、です。

こんにちは:Labdien(ラブディエン)と言ってお店に入ると良い感じ。
ありがとう:Paldies(パルディエス)と言って相手の目を見ればコミュニケーション成立です。

良い旅を☆


↓ランキング参加中☆1日1ポチお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バルト三国情報へ
にほんブログ村

2017年5月12日金曜日

首都リガに5月の雪と、さくらの花

※LETA通信からお借りしました

 5月10日、リガに雪が降りました。


携帯が鳴って画面を見てみると、ラトビアの友達から「雪が積もった!」とメールが。
冗談かと思いました。笑

だって、今は5月。またまた~、と返信すると「私だって信じられないよ!」 。

知り合いのミトン屋さんからのメールにも、「想像できる?今朝、リガに雪が積もりました」と書いてありました。ラトビア人にとっても信じられないことのようです。

ロシア語のニュース (ラトビアのLETA通信)に今回の降雪について記事が出ていました。
(以下意訳&要約です)

******************************************************

<5月:リガで激しい雪、寒波の記録を塗り替える>

火曜日、クルゼメ地方に積もった雪は住民によると10cmを超えましたが、すぐに溶けました。

そして水曜日にはリガ湾を覆った雪雲が首都リガとその周辺に雪をもたらしました。この日の夜、レゼクネでは5月10日における国内最低気温の記録を更新した事が報告されています。

リエパーヤやドウベレなどラトビア西部でも記録は更新されました。
昨晩最も気温が低かったのはレゼクネで、マイナス4-7度にもなり、これは5月10日の国内歴代最低気温です。

これまでの5月10日の最低気温記録は1941年のマイナス4-3度でした。

******************************************************

5月10日にマイナス4-7。寒すぎです。
ラトビア生活では1年の半分はダウンが手放せませんが、さすがに5月までとなるとつらいです。

ところが、そんな中でも桜の開花情報が!

リガにも桜の木があること、ご存知ですか?
2012年、当時の駐ラトビア大使が友好の記念に植樹した114本の桜は今や、ラトビア人の春の楽しみのひとつです。友人から、「もう桜が咲くから、週末はお花見に行くの!」とわくわくしたメールが届きました♪


去年のリガの桜。
異国で見る桜はやっぱり特別美しかった。


折れて落ちてしまっていた小枝を大事に持ち帰ったのもなつかしい思い出です…♡

※ラトビアの桜について知りたい方は在ラトビア大使館の記事 もおすすめです。






↓ランキング参加中☆1日1ポチお願いします↓
にほんブログ村 海外生活ブログ バルト三国情報へ
にほんブログ村