2019年1月19日土曜日

編んでいるもの①・フェアアイルのベスト


眺めているだけで元気になりそうな毛糸は羊の島・シェットランドから。
---------------------------------------------------------------------------------------------------

服を編むのが好きです。
2019年はずっと編みたかった2着からスタートしています。


三國万里子さん「冬の日の編みもの」からフェアアイルのベスト。
わくわくする色使いで、もう何年も編みたいものリストの上位に!

私は身長148cm細身と子供のような体型なので、三國さんのニットをそのまま編むといつもぶかぶかになります。肩幅もないので、このベストはきっと似合いません。


なので、模様をお借りして、前開きではないベストを別のデザイナーのフェアアイルベストの編み図を参考に編んでみようと思い、Excelで編み図作成からスタート。
ここで3日費やしました。
フェアアイルはどれもひと模様の単位が大きいようですが、三國さんのデザインも16目28段でひと模様なので、着たいサイズと目数、模様の辻褄を合わせるのが大変で…


がさっとすると噂のJamieson'sの毛糸玉をきゅっと掴んだ最初の印象は
「ふかふか!柔らかい!」でした。
空気をたっぷり含んでいる、というのが分かる気がします。
(ラトビアミトンの毛糸はもっと細くてガサガサしています)



ラトビアの毛糸で編んだたんぽぽのミトンの黄色も好きですが、Jamieson'sの鮮やかな黄色もきれいです!

普段ミトンを編む針はaddiの1.25mm-1.5mmを使います。
今回はJP3号(3mm)なので模様が出てくるのが早く、楽しく進めています♩
自作編み図が後々破綻しない事を…願いつつ!

このフェアアイルは朝と夜に編む事にして、仕事の休憩中には別の服を編んでいます^^










↓ランキング参加中☆
にほんブログ村 海外生活ブログ バルト三国情報へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿